伊豆高原

cropped-P1010006_2.jpg

伊豆高原の歩き方

伊豆半島東海岸、伊東市南部。

伊豆高原とは、その昔、伊豆東部火山群により形成された広陵地を伊豆急行が開発した別荘地一帯を総称して伊豆高原と呼んでいます。

東京からのアクセスがよく、自然環境が優れていることから観光地としても発展しており、有名人の別荘や芸術家の創作活動の拠点が散在しています。また、これら芸術品の展示場として美術館、博物館がこの地域に密集しているのも伊豆高原の大きな特長です。

自然と観光

伊豆東部火山群の活動により形成された大室山、その大室山の噴火により流れ出た溶岩が海に流れ込み、急速冷却により柱状節理となって断崖絶壁を作り上げたリアス式海岸一体は風向明媚な海岸としてドラマのロケ地にもなっています。

大室山と城ヶ崎海岸は伊豆高原観光の二大目玉的存在です。

大室山は山頂からの360度大パノラマは、太平洋水平線よりの日の出を拝し、振り返ると遠く南アルプスの山々を臨むことができる絶景のビューポイントです。

大室山の山焼き毎年2月の第2日曜日に山焼きが行われます。全山に覆われた枯れススキを焼き付くし、新しい芽吹きで春の装いに備えます。

奇岩がそそり立つ城ヶ崎海岸には海の吊り橋があり、城ヶ崎自然研究路と城ヶ崎ピクニカルコースが整備され、潮風に吹かれながら心地よいウォーキングを楽しむことができます。途中には流罪となった日蓮ゆかりの蓮着寺やその先にもう一つの吊り橋があります。

城が埼海岸の海の吊り橋

伊豆高原はさくらの高原としても有名です。

伊豆高原桜並木

伊豆高原駅周辺には大寒桜が植栽されており、伊豆高原桜並木のソメイヨシノ、その先は大室山のさくらの里まで花見街道が続きます。

中でもさくら並木は、その名の通り3Kmに亘りソメイヨシノが咲き誇りさくらのトンネルとしてシーズンには多くの観光客が訪れます。

また、伊豆高原は芸術の高原でもあります。

一帯には数えきれないほどの美術館・博物館そして様々な体験工房があり、イベントなども数多く開催されています。毎年5月1日から31日まで、「伊豆高原アートフェスティバル」が開催されます。

「伊豆高原アートフェスティバル」は、自薦他薦のアーティストが域内100会場で自慢の作品を展示また、即売する人気のイベントです。マップ片手に会場巡りするのも楽しいもの。いっすいさんと一本のえんぴつはこのフェスティバルに毎年レギュラーとして参加しています。

伊豆高原は観光のメッカなんです。

観光のメッカはダイビングのメッカ

富戸海岸、城ヶ崎海岸そして八幡野海岸一体はダイビングのメッカ。年間何十万人のダイバーが訪れるのでしょうか? 海好きには堪らないのがダイビングであるらしい。

都心からわずか100Km。その先に紺碧の海があり、海中で無重力感を味わいながら別世界を自由自在にお散歩し、お魚と遊ぶ。現実的日常を離れたおとぎの世界に身を委ねる、そんなダイビングの魅力が伊豆高原にあります。

いっすいさんでは、”ダイビングやってみた〜い”と考えている方に、地元情報ならではの信頼できるダイブショップをご紹介します。

ダイビングのお問い合わせは 電話 0557-51-1231まで お気軽にどうぞ